無料相談はこちら
住宅ローンのHowto
事前審査に通らない理由

 

今回が事前審査に通らないという方必見です。

なぜ通らないのか、いくつか代表的な例をあげていきたいと思います。

 

1、自営業主・中小企業経営者

自営業主や中小企業の経営者の方は、現時点で高収入にも関わらずも、将来的には収入が不安定であると判断されてしまいます。

そのため、金融機関ではローン審査がより厳しくなってしまいます。

 

また、設立、起業から3年以内の会社の場合、本審査で決算書等の資料の提出を求められます。

 

もし、民間の金融機関では借入が難しい場合は、公的機関が運営しているのフラット35等の商品を利用しましょう。

フラット35では、勤務先などは関係なく、年収で判断して融資する仕組みになっています。

 

家を買いたい!と思ったら、自身の状況に適したローンを探しましょう。

 

 

2、勤務先情報

勤務先情報では、年収、勤続年数、社会的に信用できる会社であるか?などから、個人の返済能力を計っていきます。

 

勤続年数に関していえば転職したばかりの方でも職種に一貫性があったり、あきらかなキャリアアップであることが証明できれば、さほど審査に影響しない傾向にあります。

 

また最近では、雇用形態が派遣でも審査が通るようになってきました。

正社員の方よりも審査が厳しくなることがありますが、借りられる可能性が出てきたことは良いことですね。

 

ですが、ローンを組みやすくなってきたとはいえ、業績が良く有名な会社に長年勤めていることで審査に有利であるということは、変わりありません。

 

 

3、クレジットカード

クレジットカードの作りすぎや使い方に問題がある場合は要注意です。

クレジットカードの信用情報は融資の有無に関する、大きな要素の一つとなってきます。

 

何が問題なのでしょうか?

 

一つ目に延滞履歴です。

うっかり支払いを忘れて延滞扱いになってしまったことはありませんか?

延滞履歴は、信用情報のチェックに欠かせない項目です。

気をつけておきましょう。

 

二つ目に、キャッシング機能についてです。

たくさんのカードを持ち、それらキャッシング額の合計が高いと、審査では不利になる可能性があります。

なぜなら、それらキャッシング可能額の合計が高いほど生活が困窮していると判断されてしまうからです。

普段からクレジットカードは必要最低限のカードだけを所持するように心がけましょう。

 

 

4、返済負担率

返済負担率とは、一年間の年収のうち、何割がローン返済にあてられるのか?ということです。

 

この時“ローン”が指すのは、住宅ローンのみならず、カーローンや他の債務すべてをまとめた数字になります。

 

返済負担率の求め方は12か月分の返済額÷年収です。

 

審査合格に値する年収に対する返済負担率のおおよその目安を載せておきたいと思います。

 

年収

返済負担率の目安

250万未満

⇒ 年収の25%以下(借入自体が難しい)

250万~300万

⇒ 年収の25%

300万~400万

⇒ 年収の30%

400万~700万

⇒ 年収の35%

700万以上

⇒ 年収の40%

 

つまり年収が高いほど多くの融資が受けられるということです。

 

まずは返済負担率を25~30%に収めることを目標に、資金計画を立てていきましょう。

 

いかがでしたか?この代表例に共感してしまった人、多いのではないでしょうか。

 

しかし、心配はありません。

 

適切な方法・対策を取れば、上記のような方でも問題なく通る事もあります。

一度、専門家に話を聞いてみると良いかもしれません。

Copyright(C)econahouse All Rights Reseved 2016