無料相談はこちら
住宅ローンのHowto
事前審査と本審査の違い

 

今回は、住宅ローンの事前審査と本審査の違いについて、書いていこうと思います。

 

事前審査とは?

33

主に返済負担率が審査されます。

返済負担率とは、年収に対して一年間でどれだけの割合がローン返済にあてられるのか?ということです。

 

返済負担率のおおよその目安を載せておきたいと思います。

250万未満・・・年収の25%以下(借入自体が難しい)

250万~300万・・・年収の25%

300万~400万・・・年収の30%

400万~700万・・・年収の35%

700万以上・・・年収の40%

 

つまり年収が高いほど多くの融資が受けられるということです。

 

また提出書類の中に個人情報調査に関する同意書があれば、個人情報の調査も事前審査で行われます。

 

つまり返済が滞ったことはないか?現在返済中のものはあるのか?などです。

 

これらのことから事前審査において、注視されるのは

・年収に見合った返済額になっているか?

・個人信用情報に問題がないか?

 

の2つであると思われます。

 

本審査とは?

44

本審査では、公的な書類も提出してもらい、本格的な審査に入ります。

厳しい審査にはなりますが、ここを越えれば一息つけます。(通ったからといって油断できるわけではありません!)

 

団体信用生命保険への加入や担保の確認、年齢、勤務先など返済能力に問題がないか?ということが詳細に調べられます。

 

何が見られるのか?まとめてみると

・健康であるか?

・無理のない返済計画であるか?

 ・返済能力が十分にあるか?

ということです。

 

事前審査と本審査の違いを頭に入れて、それぞれ早いうちから対策していきましょう!

 

 

事前審査と本審査の違いは簡単ではありますが、ご理解いただけたでしょうか?

 

結局のところ、返済能力に問題はないか?ということが総合的にみられているだけです。

重要なことは、過去に信用を裏切る行為がなく、無理のない返済額で、しっかりすべてのローンを払いきることができる信用が証明できるということ。

 

計画的に住宅ローンを組んでいくことをオススメします。

なにか、ご不安な事がありましたら、お気軽にお問合せください。

 

Copyright(C)econahouse All Rights Reseved 2016